読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虐待されてても。

僕と弟は、殴られていた。

血のつながった、父に…

 

何度も家を飛び出した。

 

そして、児童施設に入った。

小5だった。

「あの家に帰らなくていいなら、もう 暴力をうけなくていいなら

 施設でいい。」

そこが、どんなところでも、家に帰るよりはましだと思った。

 

 

児童施設は、天国だった。

三食のご飯はある。おやつもある。

寝てても、怒鳴って起こされることも、

理不尽に殴られることも、蹴られることも無い。

物が飛んでこない。

 

とりあえず、人間らしく暮らせる場所だった。

 

イライラすることもある、大人とも喧嘩になる

僕は、問題児だったかもしれない。

 

でも、施設で暮らさなければ、

きっと、大人になって

人を信じられるようにはならなかっただろう。

 

施設を出てからも、いっぱい挫折もした。

DVにもあった、理由無いイジメや

騙されたりもした。

人間扱いされなかった時期もある。

 

でも、きっと いつか 自分の幸せが見つけられると

根拠のない自信だけはあった。

 

児童施設で 「信じられる大人たち」に会い

その人たちは、僕を信じてくれていた。

「悪いのは、君じゃない。」

 

その言葉を、また聞けたのは

リリィの口からだった。

 

僕は、今は幸せだ。 胸を張って言える。

 

だから、誰かの力になりたい。と願っている。

 

 

思いつきは、神さま 

僕のパートナーの リリィは、

何かを思いつくと、急に動き出す。

 

( ̄ω ̄;)エートォ...そう、唐突に・・・・

 

以前のイベントでも、2日前に「PPAPやろう!」

(ノ ̄□ ̄)ノ???

 

「前に、こころおとさんのやつ、やってたじゃん。あれやろ!」o(*^▽^*)o~♪

 

いや、にこにこ  じゃなくて・・・・

 

結局、りゅう君にも即興で踊らすことになった。

こっちは、ブレイクダンス・・・無謀。

しかも、ステージでは、リリィは、見てるだけの人・・・

 

まあ、こんなことはよくある話で・・

 

今日も、「どーしても 話がしたい」とよさ友の一人とご飯食べに行こう。

ということになった。

僕には、事後報告。

 

 

別の友人の芝居を見に行った後、彼の車で移動。

居酒屋さんでとりあえず近状報告など。

 

彼が「で、なんだった?」・・・が合図か?

まあ、珍しくリリィがじゃべるしゃべる!!!

 

発達障害者 以上 普通の社会人 未満 のグレーな方たちが困っている

それを、何とかしたい。

 

発達障害者 以上とは言っても、みんな『生きにくい』と想ってはいるけど

知識がないだけだ、私たちの年代には 発達障害なんて一般で浸透してないし

ましてや、コミュニケーションの問題が 脳の問題だなんて 思わない。

『ちょっと、普通と違うなんか困った奴』『常識的ではない』

『自分の性格直せ』とか言われる。

きっと、診断を受けてみれば、ほとんどの人がひっかっかる。

でも、『解ってもらえない』『どうして自分にできないのか』と

想い続けて、つぶれている。排除されている。

 

実は、そんな人は、その人にしかない才能を持っているはずなんだ!

それを、生かして仕事にできないのだろうか?

 

実際、リリィの息子たちも 発達障害である。自閉症スペクトラム障害だ。

そして、自分もそうだとしている。

彼女はコミュニケーションを取ることは 物凄く苦手だから。

ずーっと 苦労してきている。

注意欠陥多動性障害

 

きっと、僕だってそうかもしれない、

コミュニケーション能力はほかの人と違う気がしている。

 

あ、脱線してるな・・・

話を戻して、リリィの話は続くよどこまでも。

 

急に、「イベントをやろうと思って・・・5月かな・・」

w( ̄△ ̄;)wおおっ!

 

「○○さん呼んで、自分たちも出て。」

あーーーだ。こーーーだと

NPOも立ち上げようとか・・・・

 

彼女は唐突だが、きっと ずっと考えていて

形ができたら、一気に口に出すタイプだと思うが

 

やっぱり、そばで聞いてる僕には、唐突に思いつく様に見える

慣れたけどね。

 

何が、はじまるんだろうね。d( ̄◇ ̄)b

 

 

カミングアウトが 突然すぐる件・・・

こんにちは、リリィです。

 

キョウちゃんのカミングアウトが、突然すぎて

なんとも形容しがたい、感情が湧き上がる時がある

 

去年の11月の初め頃の話です。

 

隔週で19時からやっている、趣味のサークルの日。

私は、仕事終了後、娘の晩御飯をスーパで買い、

家に届けてから会場へ向かう。

 

 

その間、サークルのはじまる前の雑談時に、来ている方に、

 

「昨日ホルモン注射受けてきて・・・・(o^∇^o)ノ」と話をしたらしい。

 

 

その方は、教師をされているので、

 

「前に教え子で中学に入るころ、セーラー服を買いに行くのに抵抗がある子がいた・・」

 

などと、話が弾んだらしい。  が!!!

 

 

 

うーん。「(ーヘー;)え~と...

 

その方は、10月に初めて会って、会うのは2回目。

 

優しそうな方だし… 友達の友達だし…

 

 

でも、毎回思うんですけど!

 

ヾ(--;)ぉぃぉぃ  人を信じすぎるのか・・・。

 

初対面だろうが、ドンドン自分のことをしゃべっていく。

 

ほっとくと、私の事まで、ガンガンしゃべる。

 

相手が、受け入れてくれる前提で?  (;^◇^)ノ~アクまでも前提ね。 

 

その方は、きっとキョウちゃんのことをFTM であることを知らない。

てか、普通に男の人だと思っている。

 

 

 

 

私には、理解しがたい行動だ。

 

私は、基本自分のことをしゃべる事はしない、聞かれるまで。

 

相手にも、プライベートに突っ込んでガンガン聞いていくこともない。

 

ましてや、初対面に近く、よくわからない人には・・・・。

 

 

ほんとに、性質が反対。

 

 

前にも、自分のことをどんどん話して、良いも悪いもさらけ出して

印象が独り歩きをして、困ったやつ 扱いになっていたのに(;-o-)

 

その時は、良い顔して聞いてくれるかもしれないけど

あとで、何言われてるかわかんないよ。

尾びれも背びれも付く・・・

 

で、あたしのトコに回ってきた時には、

        =( ̄□ ̄;)⇒最悪な状態の時が多かった

 

 

私が 思うに・・・

自分のコト、理解してほしい、信じて欲しい、好きになってほしい

 

のは、わかるが・・・・

 

人にだって、感情もあれば、価値観もある。

全て、受け入れろ!って ちょっと乱暴な気がするんだよ。

 

 FTMとしての、カミングアウトが悪いわけじゃない

ただ、嬉しいから(治療を始められて)ってだけで

誰にでもしていいわけじゃないと思うんだ。

 

 

本人には、きつく怒ってしまったが・・・

本音は、あなたに傷ついてほしくないんだよm(_ _"m)

 


足跡代わりに押していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

 

思春期・成長期と女性の更年期障害が同時にきた?!

こんばんわ。リリィです。

ホルモン治療をし出した頃に、気が付いたこと。

 

2回目を受けたころから、彼はかなり眠いという。

しかも、よく眠る。仕事に遅れることはないが。

 

これは、肝臓に負担=疲れがなかなか取れないためか、

あるいはストレスが酷く、体の悲鳴として休養を欲しているのか、

そんなところで ないでしょうか?

 


たとえ どんなに頭では男性だと思っていても、恋愛対象が女性でも。

 

健康な女性の体に男性ホルモンを投与するわけです。

(キョウちゃんは女性ホルモンしっかりある子だから 余計・)


男性ホルモンを体にいれる→内性器機能が抑制される→

女性ホルモンの分泌が極端にさがる

 

=たとえれば、女性の閉経と同じ=更年期障害

ということになるのではないのだろうか?

 

やばい!あたしより先に更年期障害???Σ(|||▽||| )

しかも!更年期障害にまつわる あらゆる症状。←かなり幅広いw( ̄▽ ̄;)wワオッ!!


めまい、吐き気、立ちくらみ、のぼせ(ホットフラッシュ)。

イライラ、情緒不安定、抑うつ

疲労感、頭痛、腹痛。。

骨粗鬆症。Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!

 

急激なホルモンバランスの崩れによる症状として、腱鞘炎などもあるでしょう。

骨や筋肉の成長(?)も起こるからね。

ホルモンバランスが崩れると、自律神経にも影響があるよね。

よく聞くよ、自律神経失調症


きっと彼の体は、今まさに!!☆<( ̄□ ̄;)>

男子中学生の思春期・成長期と女性の更年期障害が同時にきたような大混乱時代?!?

 

まだ、声変わりとか、思春期らしいとこはないんですけど

ダブルで来るとどうなるんだろう・・・

 


なのに、パニック起こして、ストレスかけているあたし・・・反省ヘ(_ _ヘ)

なのに、仕事中もけなげに電話してくれるキョウちゃん。  優しい。

 


足跡代わりに押していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

 

以前の僕

こんにちは。 

過剰適用って、知っていますか?

心理学用語らしいです

 

 

周りの人や環境に合わせようとして、

自分の考え方や行動を無理矢理合わすこと

 

過剰適応の根っこにあるものは、

嫌な奴だと思われるのではないか、

周囲に受け入れてもらえないのではないか、

という『不安』

相手から見捨てられることへの『不安』

 

他者から優れた評価を得ようとしている。

 

自分が過剰適応していることに

気付かなかった僕ですが、

 

過剰適応している人のことは

なんとなく分かるんですね

他人の事には気付けるんですねー(;^_^A 

 

リリィを見ていて
「そこまでしなくてもいいのになぁー」
「もっと自分出してもいいのになぁー」って思ってた。

 

 

自分が何をしたいのか?

自分が何を好きなのか?
自分がどう思っているのか? 

が分からない らしい

というのも、何を決めるにも実は「他人を基準」に選んでいるから らしい

たしかにな!!!って思った。

 

たしかに、

僕は何でも好きな人に合わせなきゃいけないと思ってた。

どんなものも、美味しく食べなきゃいけないと思ってた。


「キョウ君って、こだわり強いよねー」っていうのが悪口だと思ってた。


人に合わせて「それ!良いねー」「凄いねー」って言ってた。

 

人の悪口も、周りに合わせて、「あいつ、サイテー!」とか

ちょっと失敗した奴とか、バカにして笑ってた。

クレーマーだった。 

それが、当たり前だった。

周りに合わせていた。 

 

打ち消してきた感情を取り戻すってこと

打ち消してきたのは、ネガティブな感情だけじゃない


相手に合わせてきた時にポジティブな感情も打ち消してきた

 

「自分って、どうやってみつけたらいいんだろ…」

 

消してきた感情を取り戻そう。

 

嫌なことをされて、こう思ってたんだ。

僕はずーっと こうしたかったんだ。って

 

本当に疲れた時も、ムリして大丈夫なフリしてきた。

 

今は、
「あぁーーーつかれたーーーーーー!!!」って言っていい!
「頭いてぇーーーーーーー!!!!」って言っても

怒られない。 誰も僕をだらしないなんて 言わない。

 

そんな毎日が、今はあるのだから。

男性ホルモン 治療をはじめた!!

昨年の11月8日、いよいよ念願だった

 

ホルモン治療が始まりました。

 

朝早くから起きて扶桑にある、宮川クリニックさんに向かいました。
(リリィ ちょっと体調がよくないな~)

名鉄電車に乗って、柏森の駅に向かいます。
電車に揺られて・・・・
どんどん悪化していくリリィの体調。

(実は、超二日酔い! ここまでひどいんは何年ぶり・・・らしいです)

 

柏森駅で降りたら、電車酔い状態ヾ(。&gt;﹏&lt;。)ノ
速攻リバース・・・・・。

しかも、僕はリリィを心配しすぎて、切符をなくす。(-.-;)

 

外へ出て歩き出したら、ちょっと元気かも・・・

 

 

程なく歩いて、
病院らしくない(看板はデカいが)一戸建てのレンガ造り
まるで物語にでも出てきそうな(≧▽≦)

f:id:gyakyounohana:20170212153533j:plain


患者さんにとっては、構えず入りやすいです。

まあ、僕は、ドキドキだったですが(๑º ロ º๑)
「ほら!手汗がこんなに!」と現実逃避。

 

ほかにも患者さんがチラホラ
いろんな科があるので、思っていたよりも普通の人たち
(なんと失礼な言い方・・・・)

 

受付で「性同一障害です」と伝える。
初診という事で、書類書き。
リリィが横から覗いて、「へーー。ほーー。」(0д0)

 

普段病院で書く情報に加え、

FTMについてや、家族へのカミングアウトの状態。
改名や戸籍、についても書く欄が・・・・


待ち時間もあまりなく、呼ばれました。

僕は、パニック障害をやってから、一人で病院は苦手。

リリィに付き添いでついてきてもらう。

 

 

先生がとてもフレンドリーな方で、話が楽しい
彼の現在の家族構成、生活状況など
どんどんカルテに書き込まれていきます。

(|||_|||いかん!!また来た!!) リリィそわそわ?!
急に「ごめん!」と言い残しお手洗いに・・・・

 

リリィを見て  先生が高笑い「二日酔い!?肝硬変じゃなくて?顔、黄色いよ。

やばいかも?!
こんなとこにいないで病院行きなさい。  あ、ここが病院かぁ。ははは(゚∀゚)ノ」

「えっーーと。彼女は酒乱っと〆(._.)メモメモ」  こらこら・・・

 

ちょうど、リリィと家族の話中だった・・・

「そっかぁ、なに?×2でもう男いやんなっちゃった?
 こいつのどこがいいの?う~ん優しいか―。」

サックバランすぎるだろう?!

 

でも、後で、リリィが

「こんなにはっきり他人に、キョウちゃんへの想いを確認されたのも
初めてだね(もっと、踏み込んだ話もあったのよ)」と・・

 

 

僕に子供がいること、カミングアウトも子供を産んでからっだたし
「そっかぁ、産んじゃったんだ」と先生
「いろいろ、遅い出発だったのね。」

彼女の子ども達がどのくらい認識しているかとか、

僕や彼女の仕事とか

FTMなのね。レズではなく。」
今年8月、改名できたこともあり、治療に入ることになりました。

 

 

顔写真、胸の写真、下半身の写真を撮って(前からと斜め前から)
先生、胸を診て「これならだんだん無くなっちゃうかもね。」


「前は大きかったんですけど、Bカップはあったんだけど・・・

彼女と付き合いだしてからドンドン無くなった」

「ふーん、じゃ、無くなるね。」

 

「2,3日で声が変わってくるかな、3回打ったら生理も止まると思う。あと、剥げてくるかもね。僕みたいになるよ、(^∇^)アハハハハ!」

 

インフルエンザの予防接種さえ   恐いのに!!Σ( ̄ロ ̄lll)

注射のお時間。

 

血液検査(特に肝臓の様子を診るんだとか)リリィにしっかり 目を塞いでもらい採血。

採血の後

いよいよ、ホルモン注射。



採血とか、注射とか!!!(|||ノ`□´)ノ

 

結局、腕じゃなくて、お尻に打たれました (_ _;)

(見えると騒ぐから・・リリィに叱られ・・・)

 

それからが、大変で・・・・

「尻が痛い!足先までしびれる!かばんがすって痛い!痛い!痛い!」w( ̄Д ̄;)w

のいい通しな1日でした。

でも また、2週間後受診します。

初診と血液検査 ホルモン注射(2200)で10000行かなかったよ。


診察の最後に、先生が
「僕のところに、こんな感じの夫婦いっぱい来るよ。みんなうまくやってるよ。」

と、笑顔で見送ってくださいました。(⌒-⌒)ニコニコ...   

うれしかったな  ありがとうございます。

 

宮川クリニック(愛知県)
http://www.na.rim.or.jp/~miyakawa/miyahome.htm


追伸:リリィは帰りの駅のコンビニで「ソルマック様」に助けられ、

午後は何とかデートになりました。(゚ー゚)

 

 


足跡代わりに押していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

 

 

 

「あっ、そう」の意味

リリィの口癖だ

「あっ、そう」

 

何も、問題がなければ たいがい その返事だ。

 

最初の頃は、怒ってしまったのか と思った。

 

前カノは たいがい、そんな返事をするときは

怒っていたし、無関心な時とかに多かった。

僕自身も 冷たく突き放されたように 感じるから

 

「今週末、友達と飲みに行くんだ」

「ふーん」「あっ、そう」

しか、返事をしてもらえなかったとき

 

(o*。_。)o

「ごめん、やめといた方が・・いいよね・・・」

「え?なんで? 行きたくないの?」

「怒ってるかと思って」

「(^∇^)アハハハハ! なんで?あなたが行きたいのなら、行けばいいよ。

 私が、嫌な事だったら いやな理由を話すし

 困る事だったら 困る理由を話すよ」

「え?そうなの???」

 

リリィが言うには・・・・

 

僕は、

まだ起こってもいない様な

トラブルや問題に

防御策を捻出するのが癖 らしい

いや

 

まだ起こってもいない

誰もそんなこと まだ 言ってないよね?

ということに

腹を立てて、怒っている そして 悲観的  らしい

そして

 

「あいつが こうやって行って来たら、僕はこうしてやる!」

「あいつは きっと陰では 周りに僕のコトなんか 言ってるんだ!」

「僕さえ、我慢すれば、いいんだ。」

その先の事を先回りして 妄想して  怒ったり!落ち込んだり

 

リリィはいつも言う

「わからないじゃない。

 物事は 起こってから先の事を考えればいい。

 言われてから 反論を考えたって 遅くは無いのよ。

 それに、

 その人がそうやって言ってくることなんて あるかどうかも

 いつかどうかも 誰にも分らないのよ?」

 

「災害の予測をして 非常用物資を用意する

 それとは 別のことよ。

 嫌なことを予測して、攻撃される事を予測して

 言われたら、

ほら!やっぱり 僕は攻撃されるんだ!って 不幸ばかり数えていくの?

 

 

 

リリィと一緒にいて3年 確かに、いやなこともあったけど

楽しいことが増えた。

 

 

何も起こらない

 

ただ、自分の時間を楽しめばいい

好きな人と一緒にいて 

好きなことをして

好きなものを食べて

好きな所へ行き

笑っていられる  笑い合っている

 

他人に振り回されないで

「あっ、そう」と言えばいい。

 

 

 

「あなたを信じているから

あなたが言っていることに嘘はないと思っているよ」

 

基本、マイナスの考え方し出したら

僕より 思い込みの激しいらしいから・・・あまりしない様にしてるそうだ。

嫌な事は 考えない。

 

彼女が、笑って言う

「あなたがしんどい事でも、出来ない事でも、やりたい事でも 

 とりあえず言ってくれれば・・そして

 それに 何も、問題がないなら

 私は、「あ、そう」と言う 

そのフォローも含めて 了解した。と言う意味だよ。

 

 「あ、そう」=「へい!ガッテンだ!」だと思えばいい。」(゚へ^ )

 

 

どちらかと言うと 僕は

「へい!ガッテンだ!」っていう リリィが見てみたい